三線教室 ONLINE 東京 by 豊岡マッシー

宮古生まれ首里育ち東京在住。イチャリバーズ 三線 二胡 歌 絵画アーティスト 三線とオンライン教室のブログ

目次(リンクで工工四へGo!)

ハイサイ。豊岡マッシー(TOYO)です。宮古生まれの首里育ち東京在住です。三線二胡、作詞作曲、歌、絵画、デザイン。フレンチブルドックと平和を愛するマルチアーティスト。とっても見やすいマッシーオリジナル工工四三線レッスン動画、曲の解説、沖縄の話などなどやっています。各曲の工工四にリンクでGo!!

f:id:TOYOsanshin:20210609154552j:plain三線教室 ONLINE 東京 by 豊岡マッシー 

続きを読む

グリーンスリーヴス(イングランド民謡) 工工四

f:id:TOYOsanshin:20210617133225j:plain


www.youtube.com

グリーンスリーヴスは聞けばこの曲か〜とわかるし
民謡だから著作権関係ないし
適度に物悲しくて美しいメロディだし
いろいろな楽器とも合奏可能だし
ウクレレ、ピアニカ、ピアノ、二胡
などで最初に合奏する曲として最適ですね。

グリーンスリーヴスは緑の袖という意味です
これは娼婦だったという節
また死者や妖精の色ということで
死んだ恋人という説があるそうです

Alas, my love, you do me wrong,
To cast me off discourteously.
For I have loved you so long,
Delighting in your company.
Greensleeves was all my joy
Greensleeves was my delight,
Greensleeves was my heart of gold,
And who but my lady greensleeves.


www.youtube.com

ああ、私の愛した人は何て残酷な人、
私の愛を非情にも投げ捨ててしまった。
私は長い間あなたを愛していた、
側にいるだけで幸せだった。

グリーンスリーヴスは私の喜びだった、
グリーンスリーヴスは私の楽しみだった、
グリーンスリーヴスは私の魂だった、
あなた以外に誰がいるだろうか。

 
グリーンスリーヴスは緑の袖という意味です
これは娼婦だったという節
また死者や妖精の色ということで
死んだ恋人という説があるそうです

 

 

屋嘉節 工工四

f:id:TOYOsanshin:20210616131446j:plain



www.youtube.com

戦後に金武にあった屋嘉捕虜収容所
沖縄の人間は戦後全員捕虜収容所に入っています
難民キャンプのようなものです
軍属は屋嘉
民間人は石川に送られました

 

なちかしや沖縄 戦場になやい
世間御万人ぬ袖ゆ濡らち

涙飲でぃ我んや恩納山登てぃ
御万人とぅ共に戦凌じ

無蔵や石川村 茅葺きの長屋
我んや屋嘉村の砂地枕

あわり屋嘉村の闇の夜の鴉
親うらん我身ぬ 泣かんうちゅみ

心勇みゆる四本入り煙草
さみしさや月に流ちいちゅさ       

運指(カチャーシー系)トレーニング 


www.youtube.com

カチャーシー系の曲でよく出てくる指の動きを並べました。尺♯が入ってくるところを鍛えましょうね。パラダイスうるま島、唐船どーい あたりの手の動きを参考にしています。
まずは2つの音の練習です。

f:id:TOYOsanshin:20210613123944j:plain

 次に4つの音の練習です

f:id:TOYOsanshin:20210613125922j:plain

 上級者はここから始めて下さい。テンポ116のカチャーシーリズムです。

youtu.be

さとうきび畑 工工四 超初心者

読谷村のサトウキビ畑ですf:id:TOYOsanshin:20210611191743j:plain

ざわわで有名な反戦歌ですね。
森山良子さんのイメージが強いですが
作ったのは寺島尚彦さんという方。
フォークではなくてクラシックの人なんですね
音楽大学の教授も務めております。
寺島さんがシャンソン歌手の石井好子さんの伴奏をしていた時に
公演で沖縄を訪れました。
復帰前の沖縄です。
そのときにひめゆりの塔などの戦跡を巡ったそうです。
鉄の暴風と言われた沖縄戦
サトウキビ畑を歩きながらその下に眠る戦死者のことを思った。
歌詞も寺島さんが自身が書きました。
沖縄戦で父を亡くした少女が主人公になっています。

最初に歌ったのは田代美代子さんという方。
なんと「愛しちゃったのよ〜」の方です。
そして森山良子さんがレコードにして反戦沖縄返還歌声喫茶の中で歌われていったそうです。
ちなみに寺島さんの娘はソプラノ歌手です。
寺島夕紗子(てらしまゆさこ)さん。
なので彼女が歌う「ざわわ」のが一番正当なのものなのかもですね。

さとうきび畑2


www.youtube.com

短縮Verです。

ざわわ ざわわ ざわわ 広いさとうきび畑
ざわわ ざわわ ざわわ 風が通り抜けるだけ

今日も見渡す限りに 緑の波がうねる
夏の日差しのなかで

ざわわ…

昔海のむこうから 戦がやってきた
夏の日差しのなかで

ざわわ…

あの日鉄の雨にうたれ 父は死んでいった
夏の日差しのなかで

ざわわ…

風よ 悲しみの歌を 海に返してほしい
夏の日差しのなかで

ざわわ ざわわ ざわわ 
風に涙は乾いても
ざわわ ざわわ ざわわ 
この悲しみは  消えない

さとうきび畑」の歌碑です。読谷村にありました。
ボタンを押すとオルゴールが鳴ります
目の前にさとうきび畑が。ザワザワと揺れていました。
読谷村観光協会
https://www.yomitan-kankou.jp/tourist/watch/1611316380/

https://www.yomitan-kankou.jp/userfiles/images/tourist/watch/satoukibi/sato01.jpg

 二胡の楽譜も載せますね。三線が 男C 中F 女C なら
二胡は 内C 外G で合うようになっています。f:id:TOYOsanshin:20210611235821j:plain

PW無情 工工四


www.youtube.com

f:id:TOYOsanshin:20210611131835j:plain



PWとはプリズナーオブウオー。
捕虜という意味だねえ。
沖縄県民はみんな戦後は捕虜収容所にいたんだ。
軍属は屋嘉捕虜収容所にいた。
そこで支給される作業着なんかには背中にPWって大きく書いてあったんだ。それを着て米軍基地の工事なんかやってたんだ。
「生きて虜囚の辱めを〜」の教えがあるから背中に捕虜とかかれた服を着るのは屈辱だったそうだ。
収容所では戦争中の恨みを晴らす上官へのリンチもあったし、
戦闘に参加せずにさっさと捕虜になって米軍に媚びて威張っているようなものもいた。
芝居小屋を作ってカンカラ三線で民謡歌ったり、
芝居の女方の役者はとても人気があったり、
そういうことが慰みになっていたんだ。

上間綾乃さんのPVとてもいいですね。
彼女の沖縄戦に対する気持ち。伝えていく気持ち
静かに伝わってきます。
これを撮影している場所は嘉数台公園の展望台ですね。
地球儀の形をしています。
これは世界平和を願ってのものです。
ここはかつての激戦地でもあり
現在は普天間基地を一望できる場所です。

 

恨みしゃや沖縄 戦場にさらち 世間御万人ぬ 袖ゆ濡らち 
浮世 無情なむん

涙 ぬでぃ 登る 恩名山奥に 御万人とぅ 共に 戦しぬじ 
浮世 無情なむん

勝ち戦 願てぃ山ぐまい さしが 今や 囚われりてぃ 屋嘉に泣ちゅさ PW哀りなむん 

哀り屋嘉村ぬ 闇ぬ夜ぬ鴉 ゆるび無ん むんぬ 鳴ちゅが 心地(しんち)PW哀りなむん

石川(いしちゃ) 茅萱(かやぶち)屋 無蔵が住み所 
我や まし内ぬ 砂地枕

まし内ぬ くらし 知らさてい さしが 夢路(いみじ) 通わちょてぃ 季節(しち)どぅ待ちゅる

煙草手に取やい 忘らてい  さしが 思事や 勝てぃ 落てぃん 着かん

戦てぃる むんぬ 無らんどぅん ありば 哀り くぬ姿 ならん たしが